101低温真空沸騰装置

101低温真空沸騰装置

※イラストはイメージです。

外観:W約1,400×D約900×H約2,400

■展示概要

 ・気圧が低い状態では、低温で水が沸騰することを観察できる展示装置

■動作概要

1.スタートスイッチを押す。

2.真空ポンプ作動、真空容器内の空気を抜いていきます。

3.フラスコ内の水が沸騰し始める。

4.一定時間後、真空ポンプ停止、電磁弁開放で大気圧に戻します。

●演出結果(展示効果)

1.圧力7セグ表示により、圧力が下がっていく様子が確認できます。

2.水温7セグ表示より、低温にもかかわらず、沸騰しているとが観察できます。


関連タグ

設計した図面に基づいて木工作を製作します。

内部は、真空ポンプの音低減の為、フォーム材を貼っています。

ステンレス製の真空容器のベースです。気密性を高める為、機械加工をしています。

特注で製作したガラス管です。沸騰した蒸気を液化装置に送る管と、蒸発して減ったフラスコ内の水の補充に使います。

工場にて仮組立てを行ないます。気化熱によって水温が下がるため、フラスコの下には、保温ヒーターが入っています。

設計に基づいて選定した機器を接続します。

真空ポンプを接続します。

液化装置を接続します。沸騰した蒸気は曇りや結露防止のため、真空容器内に直接戻らないように冷却し液体に戻します。

7セグ表示機を取り付けます。フラスコ内の水の水温と真空容器内の圧力を表示させます。

工場にて調整とテストランニングを行ないます。検査を行い出荷します。

動画を見る

現場に設置しテストランニングを行ないます。お客様の検査を受けて納品します。

一覧に戻る