083動体視力測定装置・動体記憶測定装置

イラストはイメージです。

 

 外観:W約900×D約900×H約970(2台共通)

 

 ●展示概要


「動体視力測定装置」
・動いているものを見て認知する動体視力の能力について、動体視力のテストを行う体験ゲームで紹介する。

「動体記憶測定装置」
・見たものを数えたり記憶するとき、対象物が動いていると格段に記憶力が低下することを、体験ゲームで紹介する。

●動作概要
1.モニターの項目をタッチする。
2.選択した項目の演出プログラムがスタート。
3.演出プログラム終了後、待機画面に戻る。

●演出結果(展示効果)
・動体視力の能力についての体験ができます。
・動体記憶の能力についての体験ができます。

●身の回りとの関連

「動体視力」
・野球などの球技
・電車の中で、通り過ぎる駅名を読む
・新幹線のホームから乗客の顔を判別する

「動体記憶」
・脳トレ

 


img15_photo1.jpg

企画図書をもとにシナリオを作成し、お客様と調整します。

img13_photo2.jpg

シナリオをもとに画面構成と画面デザインを作成し、お客様と調整します。

img7_photo3.jpg

作成したシナリオと画面構成をもとにプログラミングします。
できたプログラムをパソコンにインストールし動作確認をします。

img9_photo4.jpg

設計図面をもとに、並行して什器を製作していきます。

10_photo5.jpg

製作してきた什器にタッチパネルモニターや
スピーカー、パソコンを合体させています。

imga_photo6.jpg

工場でお客様とともに検査を行っています。
実際にタッチパネルを使い操作し、難易度や動きなどの微調整を行います。

imgb_photo7.jpg

現場に設置しています。
什器内はパソコンとUPS(無停電電源装置)を入れています。
UPSは、館の集中電源をいきなり切っても、しばらく電源を供給し
パソコンを正常にシャットダウンさせる機能を持っています。

一覧に戻る