089からくり時計

イラストはイメージです。

  

  外観(時計部分のみ):W850×D640×H900

 

●演出概要(展示目的)

・太陽光発電で動作するからくり時計です。

 

●演出方法(展示方法)

 設定した正時になると音楽と共に鳩が扉を開けて出てきます。

 

●演出結果(展示効果)

6時から18時までの3時間おきの正時(69121518時)に演出を行ないます。

・音楽が終わり、鳩が中に入ると扉が閉まって待機状態に戻ります。

※夜間(19時から翌朝5時)は正時になっても音楽やからくりは動作しません。夜間照明が時計の文字盤を照らします。

※天候により太陽光発電が不十分でバッテリーへの充電が不足すると、からくりが動作しないことがあります。

 

●身の回りとの関連

・鳩時計 

・電波時計

・ソーラー時計 

・街灯 


image012_photo1.png

使用する太陽光発電パネルとバッテリーと充電コントラーを接続して充電テストを行ないます。
バッテリーの容量が夜間照明と鳩時計の消費電力に対して充分か検証します。

image015_photo2.png

時計は市販のソーラー電波時計のムーブメントを使います。

image014_photo3.png

取り外した時計のムーブメントの動作テストを行ないます。

image016_photo4_1.png

設計した図面で金物を製作します。
屋外で使用するのでステンレスで製作します。

image022_photo6.png

スチロールを切り出した後、樹脂でコーティングし塗装します。

image017_photo7.png

金物の塗装を行ないます。
屋外使用のためウレタン塗装を施します。

image018_photo9_1.png

扉の開閉+鳩の出入りメカを取付けます。
電源がバッテリーなのでDCモーターで駆動します。

image019_photo10_1.png

本体内部の換気用にフード付ガラリに電動ファンを付けたものを取付けます。

image023_photo12.png

演出に基づいて製作したシステムコントローラーを接続します。

image021_photo14.png

部品の繋目にはシリコンコーキングで防水処理を行ないます。

image027_photo15.png

文字盤と扉に透明カバーを取付けます。
雨風の他、小動物やイタズラを防ぎます。

一覧に戻る