008コマ型ボールコースター(ショーウィンドウ用)

外観:W約1,480×D約120×H約1,370
 
●演出概要 
・円盤形のコマが転がる木製コースターです。
・コース上にはリフト、ベル、円盤シーソー、鉄琴、階段があります。
・ショーウィンドウ用に薄型になっています。 
 
●演出方法 
1.主電源(分電盤等)をONにすると常時運転します。
2.主電源(分電盤等)をOFFにすると運転を停止します。

●演出結果 
1.リフトがコマをコース頂上に運びます。
※約1分間に4個運びます。

2.頂上に運ばれたコマがコースに転がります。

3.コマはコースを転がりながらベルを鳴らしたり、円盤シーソーを乗り越えたり、 鉄琴を鳴らしたり、階段を降りたりした後、再びリフトに戻ります。

●身の回りとの関連 
・からくり装置
・ピタゴラ装置
・ルーブ・ゴールドバーグ・マシン
・ヒス・ロビンソン・ディバイス
・トボガン
・スイッチバック
・クーゲルバーン
 

image006_photo3.png

レールは仮止めしてコマを転がしながら取付け位置を決めます。

image010_photo4_1.png

円盤シーソーは微妙なバランスをオモリの重量や位置を試しながら決めます。

image011_photo6.png

リフトからレールへコマを受け渡すゴンドラ部分は特にクリアランスが狭いので慎重に調整して取付け位置を決めます。

image004_photo7_1.png

調整を繰り返してようやく全てのレールの位置が決まりました。

image013_photo8_1.png

リフトの速度はモーターをスピードコントローラーで調整して決めます。

image014_photo9_1.png

円盤シーソーの回転軸にはベアリングを使って木製ながらスムーズに動くようになっています。

image015_photo10.png

レールの内側にはコマが引っ掛からないようにテフロンシートを貼っています。

image012_photo11_2.png

リフトのゴンドラが揺れてレールと接触するのを防ぐためにゴンドラにオモリを追加しました。

一覧に戻る